• Hero's 梅ヶ丘校
  • Hero's 梅ヶ丘校
  • Hero's 梅ヶ丘校
  • Hero's 梅ヶ丘校

umegaoka個別指導学院Hero's 梅ヶ丘校

  • 東京都世田谷区松原5丁目21-7
    ヒルトップ大田1階
  • TEL0120-17-8989
  • アクセスマップはこちら
  • facebook
  • ツイッター
  • アメブロ

地域の高校情報

下北沢成徳高等学校

下北沢成徳高等学校(高校のみ・女子)
住所 : 東京都世田谷区代田6-12-39
交通案内 : 京王井の頭線/小田急線「下北沢」駅  徒歩4分
URL :  http://www.shimokitazawa-seitoku.ed.jp/
お問い合わせ先 : 03-6407-8160(広報直通)
 

面倒見の良さとキャリア教育で第一志望校へ

 
本校は女子校ならではの面倒見の良さが自慢です。
生徒数に対する教職員の数が多いことや、生徒との距離が近いことから一人ひとりの生徒をきめ細かく指導することができます。生徒からは学習の相談はもちろん、進路や行事、クラブ、友人関係や家庭のこと、さらには恋愛の相談まで受けることもあります。
 
日常から様々な会話をしているため、いざ本人が困ったときに性格や環境を踏まえたアドバイスをすることができます。
それが一番生きているのが進路指導です。「オーダーメイドの進路指導」と進路主任は言っていますが、その通り、生徒の性格や環境を考えて大学、学部学科を一緒になって選び、そこからその生徒に合った受験方法を考え、指導をしています。
 
進路指導には担任や進路の教員はもちろん、教科担当や部活動の顧問なども関わり、一人の生徒に対し、2~3名で指導をしていくことも珍しくありません。
そのことからAO推薦や公募推薦などの一人ひとり異なる対策をしていかなければならない入試でも合格率は9割を超えています。
 
また、高校3年までに職業や社会に触れる学びを授業の中に取り入れています。
職業が多様化している今、自分に合った職業や興味のある職業を見つけることはとても大変なことです。
本校の授業では社会人の方に講師に来ていただいたり、現場を訪れたり、実習したり、校内でインターンシップを体験したりと様々な角度から社会や職業をみつめる経験を積んでいます。
そして、これらの学びを進路に繋げるための「学部・学科説明会」も行っています。大学でも学部・学科が多様化してきており、名称も数年前から様変わりしています。
文系なら保育士や語学系、理系なら栄養関係か看護師というパターンが多かった本校も、数年前から多方面の学部学科に進むようになっています。
 
 

生徒主体の行事

 
本校の行事は生徒が一から創りあげています。
 
体育祭は「体育祭プロジェクト(通称=体プロ」という実行委員が、競技を決めることから毎年スタートしています。
「競技を決める」と言うことは、競技のルールや配点、必要な用具、所要時間など1つの競技を行うに当たって必要なことすべてを体プロのメンバーで決めていきます。もちろん、準備だけでなく当日の運営も行い、審判も体プロのメンバーが行っています。
リレーや騎馬戦など「良くある競技」もありますが、運動が苦手な生徒でも楽しめるように、運動能力だけでは1位を取れないような競技も考え、生徒全員がたのしめる体育祭を作っています。
 
 
文化祭は体験型展示がメインです。
毎年テーマが決められ、そのテーマに沿って展示内容を各クラスが考えていきます。
 
衛生上の問題から飲食の出展は限られた団体にしか許可していません。
「どこかで買ってきたものを売る」「簡単に手を加えたものを売る」ということは簡単ですが、それができないのでどのような展示をしたら来場した方が楽しんでもらえるのかを懸命に考え、企画しています。
そして、クラスが一丸となってホームルームを異世界に変えています。
 
その他にもコンテストや福引きなども行い、来場した方も一緒に楽しめる企画を考えています。
 
 

40年前からの国際理解教育

 
近年、「国際」「国際理解」という言葉を耳にします。
本校の国際理解教育が形として表れたのは1978年です。この年から今も続くアメリカ研修を行っています。
海外旅行の自由化が始まったのが1964年です。そこからわずか14年で生徒たちを連れて海外へ行っていました。
(参考までに自由化になった3年後の1970年の出国数は936,205人、1980年は3,909,333人でした。ちなみに、2016年は17,116,420人です)
 
今、全員が参加できる国際理解教育の中心はオーストラリアへの修学旅行や校内での海外学校との交流です。
その他に3週間のホームステイ研修(前述のアメリカ研修)や3ヶ月留学、半年以上の留学制度なども設けています。
 
約30年前に設置された国際コースでは「国際理解」の授業があり、世界を取り巻く問題について調べ、考え、ディベートをしています。
平和で物にあふれた日本では気がつかないことや、関心が低い物事でも世界では重大な問題になっているものがたくさんあります。そういった事例を挙げ、クラス全体で考えていくのです。
国際コースには留学生や他国の国籍を持つ生徒もいます。その生徒の口から出る真実に「人ごとではない」と思い、どこに問題が潜んでいるのか、その問題を解決する方法はないのかと考えていきます。
 
 
本校校長が式典や集会で度々口にする「世界平和に貢献する」という言葉があります。
とても壮大で大変なことのように思います。
そんなことできるわけがないと思うかも知れません。
しかし、国際理解教育の中で世界を知り、物事を真摯に受け止め、考え、解決する能力を身につけることはできるのです。
これは大きな一歩なのです。
他国との関わりを持たないことは現代社会では考えられません。だからこそ、知っておかなければならないことがたくさんあります。
 
本校に入学して少しでも世界のことを学んでみませんか?
 
 

入試基準(数字は10月に正式発表します)

 
特進コースは3科または5科
国際・進学コースは3科または5科または9科です。
 
特進・国際コースはオール3に4がいくつか混じるくらい
進学コースはオール3に4がわずかに混じるくらい です。
 
 
全部のコースで3科基準は(1)国語・数学・英語 (2)国語・英語・社会 (3)数学・英語・理科
この3つの組合せの中から選ぶことができます。
 
基準点に達しなかった場合の加点項目
【特進コース】(選択は1つのみ)
・英語検定準2級以上  ・漢字検定準2級以上  ・数学検定準2級以上  ・3年間皆勤
・生徒会会長  ・GTEC for STUDENT 550点以上  ・TOEIC Bridge 140点以上
 
【国際・進学コース】
3科または5科に+1点/9科に+2点 (選択は1つのみ)
・英語検定準2級以上  ・漢字検定準2級以上  ・数学検定準2級以上  ・3年間皆勤
・生徒会会長  ・GTEC for STUDENT 550点以上  ・TOEIC Bridge 140点以上
 
3科または5科に+1点(選択は1つのみ) 9科の場合は2つまで選択可
・英語検定3級  ・漢字検定3級  ・数学検定3級  ・生徒会役員  ・学級委員 
・3年次皆勤  ・3ヶ年精勤  ・委員会(副)委員長  ・部活動(副)部長  ・同一部活3年間所属  ・都(県)大会出場   その他
 
成績に不安な方はぜひ学校説明会の後の個別相談会にご参加ください!
 

イベント日程

 
【学校説明会・個別相談会】 予約・上履き不要                
第3回 10月13日(土) 14:00-   第7回 11月23日(金・祝) 10:00-
第4回 11月3日(土・祝) 14:00-   第8回 11月23日(金・祝) 14:00-
第5回 11月9日(金) 19:00-   第9回 12月1日(土) 14:00-
第6回 11月17日(土) 14:00-   第10回 12月8日(土) 14:00-
 
【文化祭(のぞみ祭)】                        
(1) 9月15日(土)10:30-16:00
(2) 9月16日(日)10:00-15:00
                           
【土曜塾】 予約制(mini説明会も行います)                    
(1)  9月29日(土) 13:10-16:00         
(2) 10月27日(土) 13:10-16:00         
(3) 11月10日(土) 13:10-16:00          ※学校説明会に変更の可能性有り
(4) 11月24日(土) 13:10-16:00          ※学校説明会に変更の可能性有り
                           
【放課後個別相談会】 予約制                         
12月3日(月)~12月12日(水)※土曜・日曜日は除く                 
(1)15:30-  (2)16:00-  (3)16:30-  (4)17:00-
                           
【入試直前特別講座】 予約制                         
12月23日(日)      9:00-12:00           
 
 

下北沢成徳高等学校

  • 【期間限定】体験授業無料体験 限定10名