会社案内代表メッセージ/創業の精神Corporate message

  1. トップ
  2. 代表メッセージ/創業の精神

日本の教育を変える

子どもの頃、僕は勉強の必要性があまり見出せていませんでした。
そのため通っていた学習塾に対しても、良いイメージはありませんでした。

高校生の頃に通っていた集団塾では、わからない問題があっても「自分がこんな質問をしていいのであろうか」と遠慮し授業についていけていませんでした。心の中で「自分は何をしに来ているのだろうか」と辛かった経験があります。塾に行きたくないからと、仮病を使うこともありました。

しかしその一方で、小学校から始めた野球は辛くても、苦しくも、コーチに 厳しく指導されても続けることできました。野球をしているときは、コーチや親・仲間からも期待されていることが伝わり、何よりも、続けることで自分が上手くなっていくのが楽しかったのです。

そして僕は社会人になり、学校や塾で学んだことよりも、野球を通じて経験した「元気に挨拶をする」、「相手の立場に立って考える」などが役に立ち、自分の支えになっている事に気づきました。

子供たちに、この自分の経験を伝えたい。勉強はもちろん、それと同じくらい大切なことがあることも知ってほしい

塾に来ている時間だけ勉強するのでは意味がないからこそ、勉強の必要性を説き、普段から勉強するための習慣づけ行うために、指導は「自立学習」で行います。その上で、僕が野球を通して体験したような、「続けることが実力になる」「頑張ることは楽しいこと」という経験を人生のなるべく早い段階で実感してもらうことを目指しています。

そのためヒーローズでは勉強以外にも、「約束を守ることの大切さ」や「人として正しく生きるための道」など、社会に出るときに必要な“人道”についても指導します。

この両方がバランスよく身についてこそ、これから先の人生で問題や障害に出会ったときに、それを乗り越えていける 勇気と実力が身につくと考えております。

代表取締役 松田考平

例え、今勉強が苦手でも、小さな積み重ねが子供たちの自信をつくり、困難や障害に負けない強い心を持った大人へ育ってくれると確信しています。
いつか子どもたちが人生を振り返った時に「あの時、ヒーローズに通っていたから今の自分がある」と思い出してもらえるような学習塾であり続けます。